海外文学

「アルケミスト 夢を旅した少年」パウロ・コエーリョ | あらすじ紹介と感想 | 引き寄せの法則

created by Rinker
¥616
(2020/09/28 22:37:58時点 Amazon調べ-詳細)

ブラジル文学
タイトルアルケミスト 夢を旅した少年
(原題 : O Alquimista)
著者パウロ・コエーリョ
翻訳者山川紘矢・山川亜希子
出版社角川文庫
出版年1997年 (原版 : 1988年)
ページ数208 P
ジャンルファンタジー

 

ケインズ
ケインズ
今回は小説「アルケミスト 夢を旅した少年」のあらすじを紹介するよ
リリー
リリー
ブラジル文学!
原作はポルトガル語なのね
ケインズ
ケインズ
うん。でも舞台はスペインとアフリカ大陸だよ

※タイトルが長いので「アルケミスト」と略させていただきます

物語のテーマ

ずばり
「夢を叶えるために人はどのように生きるべきなのか」です!

・世界で5番目に読まれているベストセラー!
・ファンタジー小説の姿をした自己啓発本

リリー
リリー
世界ランキング5位…すごすぎ
ケインズ
ケインズ
ウィル・スミスをはじめ、多くの著名人が愛読書として名前を挙げてるんだ
リリー
リリー
世界中の人に影響を与えているのね
ケインズ
ケインズ
ちなみに「アルケミスト」とよく比較される「星の王子さま」は7位だね
リリー
リリー
(ウィル・スミスといえば、ディズニー映画「アラジン」楽しみだなぁ)

(参考リンク Wikipediaベストセラー本の一覧)

主人公サンチャゴについて

サンチャゴ
スペインの農家の少年。
神父になることを周囲から期待されていたが、自由に旅をしたいと望み、父親を説得して羊飼いになる。

ケインズ
ケインズ
サンチャゴは2年かけて立派な羊飼いになって、60頭の羊と旅をするようになるよ
リリー
リリー
サンチャゴの行動力がすでにスゴイ
ケインズ
ケインズ
確かに(笑)
そんな彼が、同じ夢を繰り返し見るようになるんだ

 

サンチャゴが見た夢

見知らぬ子供がサンチャゴをエジプトのピラミッドへと連れて行く。そして「ここに来れば隠された宝物を発見できる」と告げる

 

ケインズ
ケインズ
「アルケミスト」サンチャゴが宝物を見つけるために旅をする物語なんだ
リリー
リリー
スペインからエジプトまで…遠いなぁ
ケインズ
ケインズ
4000キロ以上あるからね
リリー
リリー
キリスト教徒のサンチャゴが、イスラム教徒の国を旅するのね
ケインズ
ケインズ
サンチャゴはこの旅の中でいろんな人と出会い、いろんな危機に見舞われ、いろんな選択を迫られる。その中でいろんなことを学んでいくんだ
リリー
リリー
なるほど、自己啓発本って言われる理由が分かったかも
ケインズ
ケインズ
作者の哲学がサンチャゴの物語に置き換えて書かれているんだよ。
「寓話」と呼ばれる手法だね

 

何度も登場するキーワード

これらの言葉が「アルケミスト」の世界の根底にあるよ!

「マクトゥーブ」

登場人物たちが、たびたび呟く言葉。
アラビア語で「それは書かれている」を意味する。
未来はすでにアラーの神によって書かれていることを表している。

リリー
リリー
日本語だと「運命」かな?

 

「前兆」

神様が用意してくれた道。
前兆に従えば正しい結果が得られる。
未来はすでに決まっている(=マクトゥーブ)けど、神が前兆を見せてくれるときは未来を変えることができる。

リリー
リリー
ちょっと難しい…
ケインズ
ケインズ
例えば、靴紐が切れたから『不吉だな』と思って外出するのをやめたら、事故に巻き込まれずにすんだ」みたいな感じ
リリー
リリー
靴紐が切れたことが前兆なのね。前兆を見落とさないようにしないと…!
ケインズ
ケインズ
前兆を見つけた後に、「外出をやめる」という正しい選択をすることも大切だよ

 

「大いなる魂」

夢を叶えたいと願えば、大いなる魂が必ず手助けをしてくれる。
それは宇宙の魂であり、神の魂である。

リリー
リリー
????
ケインズ
ケインズ
リリーは「運が味方についている」って感じたことない?
リリー
リリー
うーん、あ!
この間ゲームでサイコロ振るときに「3の目が出てほしい!」って願ったら本当に3が出たの!びっくりしたよ!
ケインズ
ケインズ
それは「大いなる魂」がリリーの願いを聞いて、助けてくれたのかもしれないね
リリー
リリー
まるで神様が味方してくれたみたい!
ケインズ
ケインズ
そういう不思議な力を貸してくれるのが大いなる魂なんだ
リリー
リリー
神様が持ってる力ってこと?
ケインズ
ケインズ
人間も大いなる魂の一部なんだよ。この世界に生きとし生けるものは全て一つの魂で繋がっている、という思想なんだ

(参考リンク Wikipedia宇宙霊魂)

 

「大いなることば」

言葉を使わないことば
外国人や動物や自然など、会話出来ない相手と話すことができる。
昔は誰もが理解できたが、今は多くの人が忘れてしまった。

リリー
リリー
これはちょっと分かるわ!
相手が何を言いたいのか、表情とか雰囲気で感じられることがあるもの
ケインズ
ケインズ
相手をよく観察すると見えてくるものがあるよね
リリー
リリー
雨が降る前に空気の匂いが変わるのも、「大いなることば」じゃないかしら?
言葉がなくても雨が降ることを教えてくれるもの
ケインズ
ケインズ
観察してみると、世界はたくさんの言葉を話してるんだね
リリー
リリー
あと、私はネコのケインズ君と会話が出来る!
ケインズ
ケインズ
いや、僕は特別だから…

 

「錬金術師(アルケミスト)」

世界の秘密を知っている人々。
不老不死の存在で、どんな金属でも金に変えることができる。

リリー
リリー
「鋼の錬金術師」で知ってる人も多そうね
ケインズ
ケインズ
錬金術師は、ものを「完全な状態」に変えることができる人たちだよ
リリー
リリー
完全な状態って?
ケインズ
ケインズ
例えば、鉛を金に変えることができる。
そして人間を不老不死にすることもできる。
リリー
リリー
「賢者の石」「不老不死の霊薬」

 

主人公サンチャゴが出会う人々

サンチャゴは次々と出てくる登場人物達によってピラミッドへ導かれていくよ

彼らはサンチャゴが正しい道へ進むための「前兆」をもたらすよ

in スペイン


サンチャゴの父

息子と同じように旅をしたいと望んでいるが、安定した生活のために農家を続けている。

 

・呉服屋の娘
日々は同じことの繰り返しでつまらないものだと思っている。
彼女の人生には毎日素晴らしいことが起きているが、それに気づいていない。

 

・占い師の老女
サンチャゴ
の夢はお告げであり、エジプトのピラミッドに行けば大金持ちになれることを教えてくれる。

 

・メルキゼデック
王様を名乗る老人。サンチャゴがピラミッドへ向けて旅立つように背中を押す。
前兆を見つけ、それに従って行けば宝物を見つけることができる」サンチャゴに教える。

メルキゼデックとは「旧約聖書」に登場するエルサレムの王

(参考リンク Wikipedia メルキゼデク)

 

・パン屋の男
旅に出ることを夢見てお金を貯めている。
世間体を気にしたため、羊飼いではなくパン屋になった。
自分がいつでも旅立てることに気づいていない。

 

in モロッコ


・泥棒の若者

親切なガイドを装ってサンチャゴに近づき、全財産を奪う。

 

・露店のキャンディ売り
自ら望んでキャンディ売りの仕事をしている。
言語が通じなくても「大いなることば」で理解し合えることサンチャゴに気づかせた。

 

・クリスタル商人
夢を叶える力があるのに、実現させることを望んでいない。
夢を叶えたら生きる理由がなくなってしまうと考えている。
また、実現した夢が自分をがっかりさせるかもしれないと恐れている。

 

・イギリス人
錬金術師になることを夢見て、サンチャゴと同様に「前兆に従う青年。
同じ目的を持っている人間でも、やり方や学び方は人それぞれであることサンチャゴに気づかせる

 

・らくだ使い
洪水で果樹園を失い、らくだ使いとなった。
人生はお祭りであり、過去や未来ではなく今この瞬間を生きることで幸せになれると考える

 

in エジプト


・オアシスの長老

しきたりを重んじる部族の長。サンチャゴ「前兆」を読む力を試す。

 

・ファティマ
オアシスで出会った女性。サンチャゴファティマは、出会った瞬間に大いなることば」でお互いを運命の人であると理解した。

 

・砂漠に住む錬金術師
サンチャゴ「大いなることば」を理解し「大いなる魂」に到達する資質があるかどうかを試す。
そしてピラミッドへの案内人となる。

 

ケインズ
ケインズ
この後も何人か出てくるけど紹介はここまでにしておくよ
リリー
リリー
サンチャゴは彼らを見ていろんなことを学んでいくのね
ケインズ
ケインズ
人からだけじゃなくて、砂漠ラクダのような自然からも大切なことを学んでいくよ

 

物語のテーマの答え

ケインズ
ケインズ
リリー、この物語のテーマは覚えてる?
リリー
リリー
えっと、「夢を叶えるために人はどのように生きるべきなのか」だったよね
ケインズ
ケインズ
答えは分かったかい?
リリー
リリー
王様メルキゼデック砂漠に住む錬金術師の、この言葉がヒントだと思うの

おまえが何かを望む時には、宇宙全体が協力して、それを実現するために助けてくれるのだよ

人が本当に何かを望む時、全宇宙が協力して、夢を実現するのを助けるのだ

 

リリー
リリー
つまり
「引き寄せの法則」

 

引き寄せの法則とは?

前向きに物事を考えればそれは実現し、人生はうまくいくという考え方
(参考リンク Wikipedia 積極思考)

リリー
リリー
作者は「夢を信じて追い続ければ必ず叶う」「夢を見ることをやめてはいけない」ってメッセージを込めてるのだと思う
ケインズ
ケインズ
これはポジティブシンキングとも呼ばれて、キリスト教から広まった考え方だと言われているよ
リリー
リリー
毎日鏡を見て「私は可愛い」って言い続けたら、本当に可愛くなるっていうよね
ケインズ
ケインズ
やってるの?
リリー
リリー
えっ、やってないやってない!!!

 

まとめ


ケインズ
ケインズ
「アルケミスト」どうだった?
リリー
リリー
読んだ人に希望を与える物語だと思ったわ。
ディズニーの映画に宗教的な世界観錬金術の要素をプラスしたようなイメージかな
ケインズ
ケインズ
ディズニー?
リリー
リリー
シンデレラが「信じていれば夢は叶う」って歌っているでしょう?
ケインズ
ケインズ
ああ、確かに同じメッセージだね
リリー
リリー
もちろん信じるだけじゃなくて、行動することが大切だよ。
この本は「あなたにはその力がある」って背中を押してくれる気がするの
ケインズ
ケインズ
そうだね。
夢に向かって頑張ってる人や、諦めてしまいそうになっている人に読んでもらいたいな

 

飴玉の感想

ここでは、私のお気に入りシーンを2つ紹介したいと思います!

同じ友人といつも一緒にいると、友人が自分の人生の一部となってしまう。すると、友人は彼を変えたいと思い始める。そして、彼が自分たちの望み通りの人間にならないと、怒りだすのだ。誰もみな、他人がどのような人生を送るべきか、明確な考えを持っているのに、自分の人生については、何も考えを持っていないようだった。

 

1つ目はサンチャゴが神父になるために学校に通っていた頃の体験談です。

私も無意識のうちに、周囲の人に対してこの人はこうであってほしい」って押し付けてることあるな~と痛感しました。

勝手にその人の「イメージ」を作り上げてしまって、本人が「イメージ」から外れた行動をとったら、勝手に幻滅するんです。

そのくせに、誰かが私の「イメージ」を決めつけようとしたらあなたは私の何を知っているの?」と聞きたくなるんです。

飴玉
飴玉
迷惑な話ですよね、気をつけます!

 

2つ目はクリスタル商人サンチャゴに言ったセリフです。

クリスタル商人は丘の上の寂れたクリスタルショップを経営していました。

そこに全財産を失ったサンチャゴが現れ、店で働くようになります。

サンチャゴ前兆を読んで、どうすればお客さんが集まるのかを学び、店をどんどん繁盛させていきます。

おまえさんはわしにとって、本当に恵みだった。今まで見えなかったものが、今はわかるようになった。恵みを無視すると、それが災いになるということだ。わしはこれ以上、何も望んでいない。しかし、おまえはわしに、今まで知らなかった富と世界を見せてくれた。今、それが見えるようになり、しかも、自分の限りない可能性に気がついてしまった。そしておまえが来る前よりも、わしはだんだんと不幸になってゆくような気がする。なぜなら、自分はもっとできるとわかっているのに、わしにはそれをやる気がないからだ。

 

この物語には、夢を追うサンチャゴと対比するように、夢を諦めた人」が何人か登場するんです。

彼らは行動することを怖がり、安定した状態を望みます。

その姿にめっちゃ共感できてしまうんです

 

私はビビリのチキンなので、これまで安全な道ばかり歩いてきました。

絶対に合格する高校を受験し、推薦で大学に入り、さらに推薦で会社に入りました。

「でも本当にそれで良かったの?」と、ふと思うときがあるんです。

あのとき、もっと勉強して上の学校に挑戦していたら、私の人生どうなっていたんだろうとか考えてしまいます。

 

私はこの物語のクリスタル商人であり、パン屋であり、サンチャゴの父親でした。

 

でも、ビビリでチキンな道を選んだおかげで出会うことができた人やモノもたくさんあります。

その思い出に対して「宝物を見つけられなかった不幸な人生」とレッテルを貼るのは許容できません。

 

そこで考えるのは、自分にとっての「宝物」は何なんだろうか?ということです。

大金持ちになったり有名人になることだけが「宝物」なのではなく、人によって幸せの基準は様々だと思います。

 

その意味では、私はまだ「宝物」を見つける途中なのかもしれません。

これから大切なのは、「私は出来る」と自分を信じることです。

それをこの物語が教えてくれました。

 

書籍情報

表紙が好き!

created by Rinker
¥616
(2020/09/28 22:37:58時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonだとカテゴリがスペイン・ポルトガル文学になってて混乱しました。

でも作者のパウロ・コエーリョさんがブラジル文学のアカデミー会員ということなので、この記事ではブラジル文学にカテゴリさせていただきました。

 

飴玉
飴玉
ここまで読んでくださってありがとうございます!興味があればぜひ小説も読んでみてね!