雑記

メルカリで無言の外国人に購入されるも事務局キャンセルになった話

先日メルカリで出品していた商品が外国人の方に購入されました。

なぜ外国人か分かったかというと、配送方法を普通郵便にしていたため相手のお名前が見えていたからです。

住所はちゃんと日本の住所でした。

このお取引は結果的にキャンセルとなったのですが、その事の顛末をメルカリ事務局の対応も含めてまとめたいと思います。

メルカリで無言外国人とのお取引がキャンセルになるまで

購入者は新規アカウントの外国人

朝に無言購入していただき、その日のうちに入金がありました。

無言購入自体は大歓迎で、プロフィールにも明記しているので問題はありません。

ただそのアカウントが評価0の作りたてアカウントで、しかも英名の外国の方だったので少し緊張しました。

飴玉
飴玉
心がざわ…ざわ…

 

日本語+英語でメッセージを送ってみる

正直かなりお取引するの怖い。

でも私の商品を買うためにわざわざメルカリに登録したのかもしれない…と心を落ち着かせます。

日本語で送った挨拶メッセージに返信が無かったので、日本語+英語で「週明けに発送しますね」とお知らせしました。

お返事は無し。

 

追跡・補償有りの発送方法に変更する

もともと普通郵便で発送するつもりでしたが、不安しか無かったのでメルカリ便に変更することにしました。

メルカリ便なら荷物を追跡できるし、いざというときには補償してもらえます。

送料は上がりますがトラブルに備えるためには仕方ありません。

メルカリ便に新しく登場したゆうパケットプラスを使ってみたいという気持ちもちょっとありました。

 

住所に不備が見つかる

飴玉
飴玉
なんか変わった住所だな

と思いつつ少し不安だったので住所で検索してみたところ、間違いがあることに気付きました。

購入者さんに「住所は正しいですか?」と確認のメッセージを送ってみましたが、丸一日以上たっても返信なし。

このまま発送してもちゃんと届くのかな?こっちで正しく書き換えて送るべきなのかな?と思案しましたが、危ない橋は渡りたくない。

ちゃんと受取評価してくれるかな?悪い評価つけられたらどうしよう!とモヤモヤ。

なんだか疲れてきたし「お取引キャンセル」の文字が頭に浮かんでいました。

 

メルカリ事務局にお問い合わせする

こんな理由でキャンセルできるのか?と不安だったのでメルカリ事務局にお問い合わせしてみることにしました。

お問い合わせの仕方
  1. [マイページ]
  2. [お問い合わせ]
  3. [お問い合わせ項目を選ぶ]
  4. [取引中の商品について]
  5. 該当の商品を選ぶ
  6. [その他]
  7. [お問い合わせをする]
  8. 内容を記載して[送信する]

以下のように書き込みました。

  • 外国人で意思疎通が出来ない
  • 住所の確認が取れない
  • お取引を続けるのは不安なのでキャンセルしたい

 

メルカリ事務局の対応

休日でしたが、お問い合わせを送信してから16時間で返事がきました。

登録しているメールアドレスに届いたほか、アプリ内のお知らせページでも確認することができます。

事務局からのお返事
  • 購入者の対応が必要であると確認した
  • メッセージに返信するよう購入者へ通知を送った
  • 24時間以内に対応がなければ取引はキャンセルする

初めてお問い合わせ機能を使ったけど、メルカリ事務局さん仕事早い…!

ありがとうございます!

 

お取引キャンセル成立

24時間以内に返信は無く、そのままお取引キャンセルとなりました。

該当の商品は[取引中]から[出品中]に戻ってきます。

公開停止の状態になっているので、再出品する場合は公開し直してください。

同じ人に再度購入されることを防ぐため、キャンセルの前にブロックしておくことをオススメします。

 

メルカリでの外国人とのお取引 まとめ

今回初めて外国人の方に購入され、かなり用心深く対応した結果、キャンセルという形になってしまいました。

あのとき普通に発送しておけば、もしかしたら何の問題もなく到着してトラブルも無くお取引終了できたのかもしれない。

でもやっぱり怖かった!

今後もし外国人の方に購入されたら身構えてしまいそうです。

ただ、ネットやツイッターには「外国人ともスムーズにお取引できたよ!」って方がたくさんいるので、苦手意識は捨てないとな~と思います。

 

キャンセルする際の注意点

メルカリは基本的に無言でもお取引が可能なので、「無言だから」という理由でキャンセルすることはできません。

「相手が外国人だから」という理由でも、もちろんキャンセルできません。

しかし相手の返事がないとお取引を進められない状態であれば、キャンセルが可能になります。

取引画面にもキャンセル申請のボタンがありますが、こちらはキャンセル理由を選択肢から選ぶ形になっています。

当てはまる項目が無い場合があるので適当に選んでしまいがちですが、選択肢によっては出品者側にペナルティが発生するので注意してください。

例えば「商品がない」「商品に不備があった」などを選んでしまうと出品者の自己都合キャンセルとして警告がきます。

 

最後に、ストレス無くメルカリを使おう

メルカリを使っているとモヤッとすることが多々ありますよね。

そんなとき私は「これでお金が入るんだから我慢我慢…」と心を落ち着かせています。

これまでのお取引数はまだ100件程度で少ないですが、こちら側がきちんと丁寧に対応していればだいたいのお取引はスムーズに終わります。

それでもどうにもならない場合はメルカリ事務局に相談、そしてキャンセル。

何も我慢する必要はないので運営さんに任せましょう!

これが大事

困ったらメルカリ事務局にお問い合わせする!

 

メルカリは不要品をお小遣いに変えてくれる優秀なサービスなので、ストレス無く最大限に活用したいですね。

メルカリで断捨離したら10万円のお小遣いになった話 | 目指せミニマリスト!CD,DVD,洋服,コスメ,オタクグッズなどなど、メルカリでお譲りするようにしたら、中古ショップに売りに行くよりもお得ですよ!...
飴玉
飴玉
今回はメルカリ運営さんに助けられました

 

関連記事